見積書「一式」が多い業者はNG

注文住宅やリフォームなどは
見積もりが提出される訳ですが、

 

「一式」という項目が多い業者はNGです。

 

昔から建築業界には悪しき慣習があって
原価を隠したがるんです。

 

本来なら
キッチン、○●万円
取り付け工事費○●万円

 

サッシ、○●万円
取り付け工事費○●万円

 

など、商品の価格が明示され
それに工賃が加わるのが解りやすいはず。

 

しかし
キッチン(取り付け工事含む) 一式 ○●万円

 

などとキッチンの金額や工賃を曖昧にし
詳しい金額を隠したがるのです。

 

細かくすればするほど
見積書を作るのが面倒になりますし
金額が公に現れます。

 

だから都合よく「一式」にしたがります。

 

 

ひどい業者だと、
見積書のほとんどの項目が
「一式」ばかりになることもあります。

 

 

例えばです。
大工さんの日当が一人1日18,000円だとしましょう。
2人の大工さんがフローリングを張るのに
1日かかるとしたら工事費は36,000円ですね。

 

そこに会社の利益や経費がかかるとして
45,000円で見積もりに書けばいいんです。

 

隠そう隠そうとするから
逆に疑われるんです。

 

 

安心して任せられるリフォーム会社って?