大手ハウスメーカーがリフォームに注力

大手ハウスメーカーが
こぞってリフォーム部門に
力を入れてきています。

 

ある大手ハウスメーカーでは
優秀な営業マンをわざわざ
リフォーム部に配置替え。

 

なぜだと思いますか?

 

普通に考えたら、
ハウスメーカーは新築を売ってなんぼ。
優秀な営業マンは
住宅営業の最前線に置くべきです。

 

なのになぜリフォーム部門?

 

ハウスメーカーには
既存のユーザーがいます。
いわば「見込み客」です。

 

そのハウスメーカーで建てた
お客様ですから、伺いやすい。

 

また、リフォーム部としたら
他社のお客様宅へも訪問できる。
リフォーム部ですから。

 

実は新築より、リフォームの方が
知識と経験が必要なのです。

 

リフォームの看板を背負って、
ハウスメーカーの縄張りもクリアし、
ありとあらゆる間口から

 

見込み客を取り込みたいわけです。
だから優秀な営業マンじゃないと
ダメなんですね。

 

 

そこから、
リフォームの受注でもいいし
建て替えにつなげてもいい。

 

小さなリフォームから
他社で建てたお客様をコチラに
向かせておいて、

 

いずれは自社の家を建ててもらう。

 

これが最終目標です。

 

 

安心して任せられるリフォーム会社って?