●全国大手●地元大手●地元個人★各不動産会社のメリットとデメリット

【大手不動産会社】

 

誰もが知っている大手不動産会社。
超高層ビルや大規模分譲までスケールが大きい。

 

 

●メリット

全国組織である。資本力がある。
財閥系が多い(三井・三菱・住友など)
情報量が群を抜いている。
営業マンが優秀で仕事が早い。

 

 

▲デメリット

大企業だけに融通が利かない。
営業マンの出入りが多い。
高学歴が多いためプライドが高い(笑)
歩合があるため頑張りすぎる。

 

 

 

 

【地元の大手不動産会社】

 

独立起業した経営者の努力とセンスで
成り上がった会社。ショッピングセンター
誘致や企画まで手掛ける。

 

 

●メリット

個人経営から始めて大きくなった会社。
経営者がやり手。
アパート・駐車場の管理が多い。
営業マンが地元の人が多い。

 

 

▲デメリット

何事も経営者次第のところがある。
客より地主を重視する傾向がある。
営業マンの育ちが遅い。

 

 

 

 

 

【地元の個人不動産会社】

 

大昔から不動産を扱っている。
もともと地主であることが多い。

 

 

●メリット

個人的なつながりを大事にしている。
昔からやっている。親子二代でやっている。
かなりレアな情報を持っている。
逆に気に入った空地があったら交渉までしてくれる。

 

 

▲デメリット

後継者がいなく一代で終わる可能性がある。
情報量は少ない。
行動がのんびりだ。

 

 

 

 

 

【総評】

 

●全国大手●地元大手●地元個人
各不動産会社のメリット・デメリット

 

どれも一長一短があり
コレという答えは出ない。

 

希望している不動産の種類、場所によって
不動産会社を選ぶことが大事になってくるでしょう。