エステティックミスパリ

一枚目からジョーカーを引き当てる母と妹【その2】

一枚目からジョーカーを引き当てる母と妹【その2】

本性を現したクレーム不動産屋

 

妹と母は私の助言にしぶしぶ従って
Iさんに売却の依頼をし直しました。

 

気持ちがおさまらないのか
最初に声をかけた近所の不動産会社に
ことの成り行きを報告しに行ったのです。

 

そこで驚きの行動が!

 

不動産会社(長年夫婦だけでやってる)の
奥さんは激怒し、
「訴える!」とまくし立て、
さらに母が昔おこした交通事故の話まで
持ち出してなじる始末。

 

・・・
いったいどういう人間なんだろう。
あとから電話で報告を受けた私は
空いた口がふさがらない。

 

媒介契約を結んだわけでもなく
「訴える」とはなんぞや???

 

過去に母が起こした交通事故と
あなたに何の関係が???

 

 

いやいや・・・
いまどき、こんな不動産業者が存在するのかと
あっけにとられる経験者の私。

 

 

で、「お客さんがいる」と言っていたはずの
経過は、なしのつぶて。

 

頭にきたから、お客さんを紹介するのも
やめたのか?

 

はなから買主などいなかったのだ。
売主を引き留めておきたいだけの
口から出まかせだったにすぎない。

 

 

あとから「言いすぎました」と
謝罪の電話があったそうだ。

 

 

ああ・・
こんな不動産会社がまだ存在する限り、
日本の不動産業界の地位が向上するわけがない。

 

宅建協会もその辺、厳しく取り締まってほしい。
業界のレベルが問われる。

 

 

安心して任せられる不動産会社だけを厳選!

一枚目からジョーカーを引き当てる母と妹【その2】関連エントリー

失敗しない不動産会社選び
失敗しない不動産会社の選び方
一枚目からジョーカーを引き当てる母と妹
失敗しない不動産会社の選び方
信頼できる不動産会社の選び方
信頼できる不動産会社の選び方

【不動産会社の選び方】 【ハウスメーカーの選び方】 【リフォーム会社の選び方】